かぼちゃのみたらし団子

三連休最終日。
3日間必要なものの買い物で家族皆お疲れモードです。

e0175311_1455833.jpg

これはかぼちゃのビスケットの次の日に作ったおやつです。
白玉粉に蒸した南瓜を混ぜて白玉団子。
それにみたらしのたれ(あんというべき?)をかけています。
タレの味をどうしていいか分からず、どこかで見たレシピで作ったのですが…
ちょっとお醤油が強い感じがしました。
もうちょっとお醤油控えめな方が私は好きです。
「おだんご たべたい」としんくんのリクエストで作りました。
「どうぶつえんの おだんごにする」と自分でピックを刺して。
「おいしい!おかあさん せいこう!」と食べてくれました。
白玉粉を作る時、いつも水を入れすぎて失敗してしまいます。
どろ~んとしたすいとんのようになってしまって。
なので、慎重に慎重にすこ~しずつ水を入れて、耳たぶの固さを目指して作りました。
いい感じ~の出来上がりに。
やっぱり『慎重に』お料理するのって大切なんだと思いました。
お料理なんて、もっとおおざっぱに作ってるからなぁ…


こんなん できる?

e0175311_157921.jpg

プラレールを自分で繋げて遊ぶようになってきました。
途中で切れてしまっているところがあるのだけど、それでいいみたいです。
車両止めの部品を使って、行き止まりに。
「おかあさん みて!こんなんできたよ!おかあさん できる?」と自慢げ。
「すごいなぁ。そんなんでけへんわ」と言うと
「せやろ すごいやろ」とニヤニヤしながら電車を走らせます。
プラレールは電池で動くのだけど、自分で電車を引っ張る方がいいみたいです。
違う種類の車両でも、繋がるだけ繋げて、長~い電車を作ってます。
「はっしゃします!ぜんしゃりょう ていし!」
最初は普通に走らせてるのですが、
「あぶない!あぶない!がっしゃ~ん!」と脱線遊び。
いつも脱線遊びになってます。
「こんな暴力的な遊び方、欲求不満なのかな?」と心配したこともありましたが、
男の子にはよくある遊び方なのだそう。
自分の世界で、物語が展開しているのだそうです。

最近、一人遊びをしてくれるようになった。
「おかあさん みて みて みてってば!」と呼ばれることも多いけど、
前ほど「いっしょに こっちきて~」と言われなくなった気がする。
助かります。
楽しい遊び方、自分で発見してね。

by ifyamada | 2009-10-12 15:45 | お菓子