人気ブログランキング |

節分には必ず

明日はいよいよしんくんが参加した『おかあさんといっしょ』の放送日。
ドキドキしてきた~。
録画予約しておかなくちゃ。

今日は節分。
e0175311_23524784.jpg

しんくんが描いた鬼のお面です。
「おに やから あか やな~」ブツブツ言いながら描きました。
「こどもの おにも かいて」言うので、子鬼は私が。

子供の頃から節分には巻き寿司をまるかぶりしていたわたし。
『恵方巻き』なんて言い方を知ったのは、こっちに越してきてからです。
e0175311_23422092.jpg

やっぱりしないと落ち着かないまるかぶり。
去年から手作りしています。
具はいたってシンプル。実家の味です。
お寿司巻くのは得意なんだけど、出来上がりはマチマチ。
これはご飯が多め、具が少なめ。
カンピョウとシイタケ、もっと入れればよかったな~。
e0175311_23442619.jpg

今年はしんくんもまるかぶりデビュー。
こうやって食べると、なんだか美味しい気がするのは私だけ?
しんくんのは半分に切ってあります。
お寿司(生モノ以外)大好きしんくん。
「おいしい!おかあさん せいこう!」と一気にたいらげてくれました。
珍しくもろも7時に帰宅。
「お寿司切って」という要望は却下され、もろもまるかぶり。
おまけにできた細巻きもまるかぶりしてもらいました。

食後は豆まき。
「おにわ~そと~。ふくわ~うち~。」と張り切るしんくん。
団地じゅうに声が響き渡ってました。
歳の数の何倍もの豆を食べて。
これで新しい季節が迎えられます。

いつも実家で作っていた巻き寿司。
母方の祖母と一緒に作った記憶があるんだけど、あれは節分だったのかな?
出来上がった巻き寿司が沢山ならんでる様子が好きだった。
いつ頃からか、私も『巻く』という何だかすごく大人な事に参加していた。
私は年に一度しか巻き寿司を作らないけど、『巻く』感覚って覚えてる。
『巻く』 『包む』 というお料理って、すご~く頑張ったみたいで、好きな私です。

by ifyamada | 2010-02-04 00:04 | お料理