年少の英語

朝起きたら久々のお日様。
シーツやらバスタオルやら、ガンガン洗濯しました。
幼稚園でもプール日和です^^

先日、幼稚園で英語授業の参観がありました。
3、4歳の英語って何すんねんやろ?って思っていました。

外国人の先生が、動物や色のカード見せて、単語を教えて、
動物ならなりきってみたり、色なら同じ色の物を教室で探したり。
すべて英語で授業はすすんでいきます。
これくらいのレベルなら、まだ私でも先生の英語は理解できる、よかった…
「What's this?」
と先生がカード見せるけど、英語で答えられるのはほんの数人。
「きいろー!」とか「おさるー!」とか殆どの子は日本語でした。
もちろんしんくんも。
答えられてる子は先生の単語をすごくいい頭で覚えてるか、
おうちでも英語してるか、どちらかでしょうね。

しんくんは授業に集中していました。
先生のすぐ前で必死に先生の話聞いて、歌って、ゲームして。
なかなか楽しそうでした。

私は(もろも)早いうちから英語を習う必要はないという考え。
英語の前にちゃんとした日本語を覚えてほしいし(大阪弁のウチではムリ?)、
自分で勉強しようと思わなければ、身につかないと思うし。

子ども向けの英語教室の内容がこんなんなら、
わざわざ月謝払って行かせる必要はないな、と思いました。

e0175311_1201150.jpg

幼稚園から持ち帰った工作。
かたつむり と おりひめとひこぼし です。
「おもちゃを たくさん もらえますように」と先生の字で書いてありました。

by ifyamada | 2010-07-08 12:02 | 育児