ステップとスキップ

月3回音楽教室に通っているしんくん。
最近は色々習うことも多くて、4歳児達はみな頑張ってます。

その中のひとつ。
『ステップとスキップ』
『ステップ』はドレミの順番に答える事。
「上がりましょう」の時は
「ど」と言われれば「れ」
「そ」と言われれば「ふぁ」 というように。
「下がりましょう」は一つ下の音を。
これがなかなか難しいのです。
先生が「み!」と言って手拍子二つ、その後に答えるのですが…
ドレミのどの音を言われても「し!」と自信満々に答える子、
ゆっくり考えて「ら!」と間違える子、
頭でドレミを順番に言って「れ!」と答える子、
考え込んでしまって答えられない子…
「おうちで練習してきてね。
 ドシラソファミレドシラソファミレド・・・って何回も言ったら上手になるよ」
と先生からアドバイスが。

「すてっぷ は むずかしいから あんまりやりたくないねん…」と昨日のしんくん。
「頑張らんと でけへん って言うてたらアカンわ。
 頑張ってから出来るかでけへんか決めな。」と説得(?)し、少し練習を。

何回も「ドシラソファミレド…」を繰り返して
「ステップで下がりましょう」をやってみました。
最初の数回は少し詰まっていたけど、
何回かやってると要領を得てきたのか、スラスラと音が出てきます。
「じゃもういいよ」と言っても、今度は楽しくなってきて
「もっとしよう」と延々練習し続けるしんくん。
お風呂でも何回もやってました。

ちなみに『スキップ』は音階を一個飛ばしで答える事。
これもハードルが高そうです。

八分音符から全音符を習い、
五線譜でド~ソまでの位置を覚え、歌とピアノも。
盛りだくさんな内容です。
先生は「おうちでの練習はとても大事ですが、嫌がるようであれば無理強いしないで下さい」と。
音楽を楽しみながら、習得してほしい、というお考えです。

先生のお宅も少し遠いので、お稽古を続けるか迷いましたが、
しんくんが「つづけたい」と言うので、来年度も申し込みました。
音楽好きの私としては、いい先生の元でしっかりお稽古してほしいけど、
こればかりは本人の好みもあるので、どうする事もできません。
しんくんがこの教室を辞めたら、私が歌を習いに行きたいくらいです。

by ifyamada | 2011-02-18 15:40 | 育児