童謡コンクール

昨日26日、童謡コンクールの関東甲信越ブロック決勝大会がありました。
しんくんと私、ファミリー部門で出場させて頂き、
『おかあさん』を二人で歌いました。

ファミリー部門7組出場。
最優秀賞が1組、優秀賞が2組。
最優秀賞は全国大会に出場です。

我が家の結果は、なんと優秀賞!
ビックリだったけど、嬉しい結果になりました^^

かなりの難関だと音楽教室の先生に聞いていたし、
そんなに歌が上手いワケじゃない。
ブロック決勝に残っただけで十分やったのに、
優秀賞なんて賞まで頂いて、
必死にコンクールに取り組んでる方達に申し訳ない気持ちです。
(待ち時間に一生懸命練習したり、
 緊張のあまり泣いてしまってる子もいたり…)


歌う事にはそんなに積極的じゃないしんくん。
それにあまり人前に出ていくタイプでもない。
でも、リハーサルで歌ったら、何かがはじけたようで…
「まいくでうたったら こえ が きれいになったーー!きもちよかったー!」なんて言う。
楽しかったんやったら良かった。
本番も楽しく歌おう。
間違ってもいいねんで。いや、お母さんが間違うかもしれへんし…
と言いながら、本番を迎えました。

私もそんなしんくんに力をもらった気がします。
リハーサルでは緊張して、声が上ずってしまったけど、
本番ではリラックスして歌う事ができました^^


今回のコンクールは本当にいい経験ができました。
しんくんはやり遂げた達成感で満たされている感じ。
そしてその達成感が一つの自信になっている気がします。
私にはしんくんと二人で出場できたいい思い出となりました。


応募の声をかけて下さり、熱心に指導して下さった
音楽教室の先生、
昨日ほぼ一日、会場でゆっきーを抱っこして過ごしてくれたもろ、
もろに抱っこされて大人しく寝ていてくれたゆっきー、
頑張ってお稽古(1日3回くらいしかしてないけど)したしんくん、
応援してくれたお友達、
みんなに感謝の気持ちでいっぱいです。



欲が出てきたしんくんは
「ゆうしょう したかった」なんて言ってるけど。
最優秀賞やったら全国大会行かなアカンやん。
テレビ放送もあるし、今回みたいに普段着で、ってワケにもいかへん。
本番の11月3日まで体調管理したり、練習したり、大変そう。
最優秀賞じゃなくて良かった…
もろも「あぶないとこやったな」と…

by ifyamada | 2012-08-27 23:14 | 育児