人気ブログランキング |

童謡コンクール

18日の日曜日、童謡コンクールの関東甲信越ブロック大会がありました。
一次のテープ審査に合格して
子供部門に出場したしんくん。
『どうぶつえんのよる』という曲を歌いました。

声が低めのしんくん。
苦手だった高音も、舞台では落ち着いてしっかり歌えてました。

今までで、一番の出来だったかも。

全国大会出場はムリだったけど、
優秀賞を頂けたので、十分です。

閉会してから、控室で買える準備をしていると…
「○○○く~ん」としんくんを探す見知らぬおばさんが。

なに?ウチの息子に何の用事?返事しても大丈夫?
とめちゃ怪しみながら
「はい。○○○です。」と答えると…

「よかった。どうぶつえんのよる を作詞した佐藤雅子です。」

と作詞家の先生でした^^;
(怪しんでスミマセン…)

私の作った歌を丁寧に、上手に歌ってくれてありがとう。
本当に素晴らしかったわ。
何にしようか考えたんだけど…
これ、太い芯の鉛筆。使ってね。

と舶来のおしゃれな鉛筆をしんくんにプレゼントしてくださいました。

その後、大会歌を作詞された宮中雲子先生を呼んでくださって。

宮中先生はしんくんの歌を大絶賛して下さいました。
ご自分の採点を書かれたプログラムを見せながら

どうして最優秀賞じゃなかったのかしら?
おかしいわよ。
しょうこおねえさんのお母さんも後ろで聴いていて、
また全国大会でこの子の歌聴けるわね、楽しみね、
って言ってたのに。
本当に上手だったのに。

とおっしゃっていました。

優秀賞だけでも十分なのに、
童謡や音楽のプロの方々からそんなお褒めの言葉を頂いて、
全国大会に出場するよりも嬉しい事でした。

他の女の子6人も素晴らしい歌でした。
そんな中で、親族以外の人が、
しんくんの歌を一番だと評価してくれはる人がいるだけで有り難いです。


今回の応募を勧めてくださった音楽教室の先生、
応援してくれたお友達、
しんくんの練習に協力してくれた家族、
たくさんの人のお陰で優秀賞をもらうことができてんよ。

としんくんに話しました。

本当にありがとうございます。
貴重な経験ができました。

しんくんもよくがんばりました。

by ifyamada | 2013-08-20 08:38 | 育児