プラレール

寒い寒い1日でした。
朝は雪がちらちら、昼間は雹みたいなのも降ってました。

奈良のじいじから、ちょっと早めのお誕生日プレゼントが届きました。
e0175311_22584679.jpg少し前、電話で「しんかんせんがほしい」とじいじに言ってました。
届いた小包を「しんかんせんかなぁ?」と言いながら、見つめるしんくん。
「おとうさんが帰ってきてから開けよう」と私が言ったので…
でも、待ち切れずに開けてしまいました。
児童センターでも、帰り道も、帰ってきてからも、ずっとグズグズだったのに、プラレールが出てきたとたん、超ハイテンション!
「まっくす!(東北新幹線なのかな?)ほしかったやつや!かっこいい!あ、もういっこはいってる!」と、
お昼寝しそうでしなくて、眠かったはずなのに、目はキラキラでした。
もう夕方近くで、晩ご飯の準備もあったので、車両だけ出して、与えておきました(笑)。
すると…
e0175311_2352626.jpg
自分でレールの箱開けて、ゴソゴソ。
レールをつなげて、遊んでました。
いやぁ、放っておくと、自分で何でもするんだなんて、ヘンに感動した私です。
ちゃんと電話で「でんしゃありがとう。じぶんでつなげてん、れーる。ほら」とじいじに言ってました。

寝る前も、部屋の隅にレールをまとめて置いて、「おかたづけしてんねん」と。
自分からおもちゃを片付けたのなんて、初めてです。
お布団には、「まっくす」と一緒に入りました。


奈良に居るもろの両親。
しんくんのお誕生日は、2か月も先なのに、「欲しがってる時にあげるのがいいかなと思って」と送ってくれた。
欲しがってる車両を探して、デパートも幾つか回ってくれたみたい。
今日のグズグズモードに困っていた私。
児童センターの帰りも、ぐずってたせいで、雹で濡れるし(涙)。
遠くにいる両親に助けてもらったような気がした。
感謝の気持ちでいっぱいです。

それと、帰り道、ベビーカーにレインカバーをかけていると、若い男の子(20代前半くらい)が、「傘、使いますか?」と声をかけてくれた。
彼も、傘無くては、濡れて困るはずなのに。
私はフード付きのコートだったので、気持ちだけ頂いた。
見知らぬ若者くん、ありがとう、ありがとう。

by ifyamada | 2009-03-26 23:20 | 育児